HSP気質の人ほど、家電や家具の買い物の時、安物買いの銭失いに気を付けるべき3つの理由

HSPの生活改善

自分は、HSPの人ほど、

安物買いの銭失いには気をつけたほうが良いと思ってる。

それはなぜかというと、

  • 壊れたらどうしようとHSP特有の気質で悩んでしまう
  • 自分の納得のいく買い物の方が、自己肯定感が高まる
  • 自分の使いやすい物を選んだほうが、生きやすい

上記の3つ理由がある。

 

それぞれの理由をこれから解説していこうと思うけど、

何れにしてもHSP気質特有の「悩んでしまう、マイナス思考になりやすい」が

深く関係してると、経験者であるblog主は思ってる。

つまり何が言いたいかと言うと、

blog主の愛志は、散々安物買いの銭失いを経験してる って事だね。あっぱれ。

 

何はともあれ、下記で理由を解説するのでどうぞ。

壊れたらどうしよう…とHSP気質特有の悩みがでてしまう

 

「安い」とか「セールで激安だから」という理由で買ってしまうと、

最初使えてる内は「お得だった!」「安く買えてよかった!自分やるぅ!」

と自己肯定感は高まるんだけど、例えば何かの拍子に、その製品の調子が悪くってしまった際に、

「安物だし…壊れてしまったらどうしよう…。」

「なんでこんな不調になるのか…買わなければこんなことには」

「あの時高い物を選んでおけば…これだから自分は…」

と、自分自身を攻め立ててしまい、後々自己肯定感が低くなる…なんて事がある。

 

もっと酷いと、「今使うのを辞めて買い替えるべきなのか…。」

「サポート期間が切れてて…」

と頭を抱え込んでしまい、それで1日やることが手をつかなくなる。

なんて事があったら、時間の無駄ですよね?

生活を便利に、ゆたかにするために買った家電・家具に苦しめられる…。

なんて本末転倒じゃないですか…。

 

だったら、少し高めでも良い製品を選んだ方が、結果的に得だったりする。

安物には必ず「安いなりの理由」があるんですよね…。恐ろしいけど。

 

自分なりの納得のいく買い物をした方が、自己肯定感が高まる!

 

自分なりの考えをもって、自分の生活に適してる製品を選ぶって事は、

「自分自身でしっかり理由をもって購入した」って事だから、

それで本当に納得が出来れば「選んで正解だった!」と自己肯定感が高まりますよね。

 

先ほど前項目で書いた通り、安い物には、安いなりの理由がある。

自分にとって必要な機能、性能が省かれていたり、

人気のない色だったり、保障期間が短かったり、作りがチープだったり。

 

それを選んだ直後は自己肯定感が高まるけど、

使っていくうちに納得できない部分や自分の生活に当てはまらない部分が出ると、

「なんでこんな糞製品買ってしまったんだろ…。何してるんだ…。立ち直れない」

「やっぱり自分の部屋の感じにマッチしてなかった…なぜ考えないで買うんだろ…」

「普通の人ならこんな製品選ばないのに…だから安いのか…。」

と、後々後悔して自己肯定感を下げてしまう原因になるし、

マイナス思考が高まって、ナイーブになってしまいますよね。

 

それを避けるためにも、自分の出来る限りで良いし、金銭的に許す範囲で良いので、

自分が納得のいく製品を選んだ方が良い。

 

自分の使いやすい物を選んだほうが、生きやすい

 

安いけど、「使い勝手が良くなかった。」「かえって手間」

なんてレビューを買い物サイトで見かけた事あるよね。

 

結構安い製品に多くみられる事だと思うんだけど、

耳だこになりそうで、申し訳ないけど、

やっぱり安い物には、安いなりの理由が必ずあるんだよね。

だってメーカーだって、評判悪くても在庫抱えたくないし、売りたいんだから。

売れないより、売れるほうがメーカーだって他製品の生産資金に回せるんです!

 

いざ買ってみて「自分に合わない製品だった…買い換えたいけどお金もったいない…。」

「これ買うくらいなら、1ランク良い製品を買えばよかった…。何もやる気が出ない…。」

と、悩んでクヨクヨしてしまうくらいなのであれば、

最初から自分が納得できる値段の製品を選んだほうが、時間もコストも無駄にならないんだよね。

 

(話のまとめ)安い物を買って、深く悩んで、お金も時間も奪われるくらいなら、少し頑張って高い物を買った方が、結果的には「得」

 

「安いんだから得してるだ!」っていうのはわかる。

値段が安いんだから、お財布に優しいんだしね。それはその通りだと思う。

製品を重々納得して買うなら全然アリだと思う。

 

けど、買ったあと後悔してHSP気質特有の「深くその製品について悩んでしまう」

って自体にあってからでは、時間もコスト(お金)も無駄だよね。

買ったその場は自己肯定感高くても、長い目でみたら低くなるんじゃどうなのって話。

 

自分の納得いくものを買って自己肯定感高めて、

かつ、その製品を長く気持ちよく、快適に使えて「買ってよかった!」で、

さらに自己肯定感を高めたほうが絶対費用対効果は高いと思う。

 

だから、「HSPの人は安物買いの銭失いは気を付けてね!」って伝えたかった。

 

(エピローグ)自分の買って激しく後悔した買い物、安物買いの銭失い製品を紹介します。

 

はい、ここからはエピローグでどうでもいいこと。

自分が購入して、激しく後悔してかつ疲れ切った、

安物買いの銭失い製品を晒していこうと思います。もはやただの恥さらしだね。

興味なかったらブラウザバックお願いします。

 

No.1 1万円未満のデスクチェア

1個目は中国製の無メーカー品のデスクチェア。

もうAmazonにページすらないという悪評から逃げる姿勢は凄いね。

買って3か月だけどギシギシいうし、座面のクッションはへたってもはや板の上に座ってる感じ。

おまけにひじ掛けは折れそう。普通に使ってただけなんだけどね。後悔しかない。

 

⇒ コイズミ エルゴノミックチェア ブラック JG-61381BK JG-61381BK

もう1か月くらい悩んだ末に、昔使ってたコイズミのJGシリーズの上位モデル。

JG6に買い換えます。高い出費だね~。

やっぱ家具メーカーじゃないとダメだね。

 

自分の経験なんだけど、1万円未満のPCチェアって、

かならずどこかかしか、致命的な部分が壊れる。

背もたれが折れたり、シリンダーが壊れて昇降しなくなったり。お尻に刺さらないだけマシか。

 

No.2 税別9800円の折り畳みベッド

山善の折り畳みベッド。これも激しく後悔。せめて15000円くらいのにしておけば…。

ベッドに座ってギシギシ、ベットに寝転んでギシギシ、ベッドで寝返り打ってギシギシ、

態勢を変えてギシギシ、ベッドから起き上がってギシギシギシ。

 

せめて折り畳みベッド買う人は15000円くらいからの物をオススメするかな。

マットレスも分厚くなるし、そのクラスのはギシギシした経験は個人的無い。

 

HSP気質の自分にとっては、うるさすぎてあり得ないね。

すのこベッドと違って軋み音対策のしようが無いのも後悔の一つ。

でもすのこベッドはベッドで、カビ対策しなきゃ…と思うと購入に踏み切れない罠。

 

No.3 キーボード

キーボードはロジクールのK120。値段1000円くらいだったかな。

実家を追い出されて、自作パソコンは何とか持ってこれたけど、

キーボード、マウス無いんだよなぁと思って買ったのがこれ。買った理由は安いから。

でも自分キーを押すのが深い(キーストロークが深い)のがすごく苦手なんだよね。

深く押さないといけないから、blog書く際すごく疲れちゃう。

 

⇒ ロジクール ウォッシャブル 有線キーボード K310 洗える キーボード 有線 防水 耐水 国内正規品 3年間無償保証

で、結局昔使ってた3000円のK310というキーが浅めで水で洗えるキーボードに戻した。

やっぱり最高だよ!!コレだ!!って打ってて楽しい!!って気持ちを取り戻した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました