HSPで、仕事を複数振られるとパニックになる人は、1つずつこなす事を意識しよう!

HSP気質と仕事

どうも、こんばんは愛志です。

 

今回は、仕事を複数個振られてしまうと、

何から手を付けていいかわからなくなって、パニックに陥る、

そんな感じのHSP気質の人に向けて、記事を書いていこうと思うよ。

 

まず最初に言っておくと、自分がまさにパニックに陥ってしまう人です。

というかパニックを通り越して、怒りや焦り、悲しみと色々湧きたちます。

「なんで自分みたいな人間に、こんな沢山仕事を振るんだ…焦っちゃうのに…!」ってね。

 

そして、完璧に改善出来ている人間では無いけど、

自分がこれをすれば改善できたっていう事や、本で学び取った改善策をお伝えできればと思うよ。

 

HSPの人で、仕事を複数個貰うとパニックになってしまう。そんな人の対処法

 

方法としては、3つあって、

  • 「マルチタスクに仕事をこなそう!」と考えないこと。
  • スケジュール帳やメモ帳などに、やるべき事を書き出してみる
  • マルチタスクに仕事をこなすのが苦手であることを上司に伝える(自己経験談)

って感じだね。

 

「マルチタスクに仕事をこなそう!」と考えないこと。

 

仕事をもらうと、HSP気質の人って焦ってしまって、

「相手の為にも早く仕事をこなさなきゃ!」とか、

「この仕事…早く終わらせないと周りに迷惑がかかる!!」、

「終わらせないと帰れないかも…どうしよう…!」

みたいに思っちゃう人結構いるんじゃないかな。自分がかつてこんな状態だったんだけど…。

 

で、この際に仕事を同時並行(マルチタスク)して行って、

できるだけ時間短縮を図ろうと思うことがあると思う。

けど同時並行しちゃうと、かえって焦ってしまったり、ミスが増えてしまう事あると思う。

ミスって取返しのつくような仕事内容ならまだいいけど、

これが取返しのつかない場合、

逆にそのミスした部分を修正するのに取り返す時間って、相当な物なんだよね。

 

だから、無理をせずに着実に1個、そしてまた次の1個をこなす。

これを意識して仕事した方がHSP気質の人の場合は、

おちついて作業することが出来ると思うよ。

 

どうしてもマルチタスクで仕事をこなさないといけないくらい激務で、

自分に合ってない仕事だと感じるなら、転職を考えて、

シングルタスクで仕事できるような、自分の落ち着ける環境に身を置くのもありかな。

 

ちなみに愛志の実際の経験談としては…。

昔設計会社で働いてて、橋梁設計という橋の図面を作る仕事をしてた。

 

凄く激務な職場かつ、仕事もものすごく難しくて、

1枚1枚の図面で正確さを要求されるような職場だったんだよね。

 

で、愛志も10枚くらいその図面の修正を担当してたのかな。

10枚渡された際に、「とにかく早く図面を修正して、次に取り掛からないと…。」と思って、

全貌の把握を無視して、2、3枚の図面を一気に修正しようとしたんだよね。

そうしてる内に、図面の鋼材の寸法や配置場所をミスって3枚片付いた図面が全部やり直しになってしまって、ものすごく修正に時間がかかってしまって残業した記憶があるね。

 

これって、焦らずにマルチに仕事をせず、1枚1枚しっかりこなせば防げたミスなんだよね。

あと焦らず、全貌を最初把握して全体像をつかんでなかった事も原因だね。

 

こういったミスや焦りを防ぐためにも、マルチタスクで無理して仕事しようと考えず、

シングルタスクで1個1個着実に仕事をこなす事が重要かと思うよ。

 

スケジュール帳やメモ帳などに、やるべき事を書き出してみる

 

自分で、スケジュール帳や、メモ帳を用意して、

その日自分がこなさなければいけない仕事を書き出してみる!

 

この行動のメリットとしては、

まず、頭の中を整理することが出来るし、一旦パンクした頭を落ち着かせて、冷静になれるよね。

HSP気質の人って「あれはどうしよう…これはどうしよう…」って、

頭がお祭り状態になりやすいと思うんだよね。

そこを一旦落ち着かせられるし、書き出す事で頭のごちゃついた情報を整理できるよね。

 

あと、仕事をこなす順序の計画を立てられるメリットもあるよね。

それに書き出しておくことで、「相手から確実に聞いた情報だ!!」って断言できるから、

証明になるから、不安に思う事も少なくなると思う。

 

こちらの愛志の経験談としては…

 

受信専門のコールセンターに勤めていた頃の話で、

上司のSVの人にも、同じようにHSP気質っぽい人がいて、慌てやすい人でした。

けど、スケジュール帳に常にメモをとるようにしていて、

常にバタバタはしてるんだけど、着実に仕事をこなしてたね。

 

それを見て、愛志も真似して、その日やるべき事をメモするようにしてた。

 

一つ仕事が終わるたびに、その項目に斜線を引くことにようって、

着実に仕事が終わってると目で見てわかって安心感があったし、

なにより、仕事をこなせてるという「自分にもできる!」という感情が湧いて、

自己肯定感を高くする効果もあったと感じたね。

 

「マルチタスクで仕事をこなすのが苦手なんです…」ってあらかじめ上司に伝えてみる

 

これは自分の経験談なので、あくまで愛志の例でしかないんだけど、

上司の人と二人きりで仕事をしてる際に、

「仕事こなすの遅くて申し訳ないです。複数の仕事を同時にこなすのが苦手なもので…。」

と試しに伝えてみたんだよね。そうしたら、

「気にしなくていいよ。1個ずつで全然構わないよ!

それに男なんだから、そんなもんでしょ!!(笑」

 

って言ってもらえたんだよね。

その後も仕事で焦ってしまうことは気質上あったんだけど、

それでも上司からの直々の「焦らなくて大丈夫!」の言葉が頭にあったおかげか、

以前より自信をもって、落ち着いて仕事ができるようになった経験があるね。

 

不安だと思ってる事は、一度上司に打ち明けてみるのも、

HSP気質の不安の種を潰す手段になるかもしれないので、記載しておきました。

上司との仲がよいのであれば、一度試してみるのもアリかも。

 

ただし、HSP気質なもので…とは伝えない方がいいかも。

上司がHSPという言葉自体を理解してない事が多いと思うので、あくまで「〇〇が苦手で‥」

と悩みを打ち明けてみて、それを相談して「は?ふざけるな!!」みたいに返してくるのであれば、

転職を考えてみるという行動に移せるので、それはそれでアリかと思う。

 

(まとめ)1個づつ着実に仕事をこなそう!仕事内容をメモしよう!相談しよう!

 

HSP気質の人で、仕事を複数振らる事が苦手で、焦ってしまう。なんて人は、

焦らず現状を把握して、1個ずつ、まずは着実にこなす事を意識する。

そして仕事に着手する前に、今日やるべき事をメモしよう。

それでも仕事を複数持ってる事に対して、焦りや不安があるのであれば、

一度上司に相談してみて、1個ずつ着実にこなす方針で仕事していいか確認するのもあり!

(相談だけで怒ってくる上司は、経験上ろくな人間では無いので、

もっと上の上司に相談するのもアリだし、返答次第では転職を考えるのもマジであり。)

 

自分もHSPだから、本当に複数一気に仕事を、

「コレお願いね!あっ…あれもお願い!それもお願い!」

って言われちゃうと、本当にパニックになってしまう気持ちめちゃわかる。

けど、まずは上記で紹介した事を試してみると、仕事で息がしやすくなるんじゃないかな。

 

ではでは、愛志でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました