毒親持ちのHSPで親に苦しんでる人は、早めに実家を離れるべき4つの理由

HSPの生活改善

おはようございます。愛志です。

今回はHSPの人で、毒親に悩んでて、苦しんでてつらい。

もちろん毒親持ちじゃなくても、親といるのがつらいんだよ!

って人たちに読んでほしい記事です。

 

まず前提として自分は、27歳で親元が苦しくてそれが爆発して、

父親と大喧嘩した挙句「出ていけ!!」と怒鳴り散らされた人で、

その後15分後くらいには荷物を車に運び出し、家出をし3時間くらい離れた都会に移り住んだ人です。

そして今は平穏無事に暮らしてる感じ。

 

今思えばもっと早く自立してれば…と思ってる人なので、

今回この記事を上げさせていただこうと思ってるよ。

 

そして、毒親持ちのHSPが、実家を離れるべき理由としては、4つあり、

  • 親はあなた(読者さん)の人生の責任を一切取らない
  • 親がいることで、実家ではゆっくり休むことが出来できなくなる
  • 自分の持ってる可能性や、やりたい事を親に奪われる可能性がある
  • 早めに自立をしないと、これから先自立しにくくなる

 

上記の4項目について、下記で詳しいことを語っていこうと思うよ。

 

親はあなた(これを読んでる読者さん)の人生の責任を一切取らない

 

親はあなたの人生の責任は一切取ってくれないよ。

親はあなたに対して「こうした方が良いよ」「ああしたほうが良いよ」と言ってくるかもしれない。

けど親は、その発言で動いたあなたの将来に対しての責任は一切取らないよ。

 

親は別に時間を巻き戻せるわけでもないし、

貴方の取った行動より、良い方向に持っていける手段を持ち合わせてるわけでは無い。

 

だから、あなた自身が今後「親が言うから、その通り動いた」と言っても、

それは“あなた自身の責任”になっちゃうわけ。

それならば、自立して自分の意見をしっかり持って、自分自身の考えで道を決めた方が、

悔いは残らないだろうし、誰の責任にもすることは無いし、なにより自己肯定感が高くなると思います。

「自分で選んだ道だ!」「自分はこう考えて進んできた!」って胸を張って言えるだろうし、

当然自己肯定感が高くなるよね。

 

愛志が「親は一切責任を取らない」と伝えてる理由

 

まさに自分が本心と向き合わずに、親の言いなりの人生を歩んでしまって、

7年近くも、実家で燻ってしまったからです。

 

自分は機械系の専門学校卒なんだけど、

自分の就職先を決める際に、その頃プログラミングの授業が大好きで、

「将来はSE職系に就きたい!」と思って親に何度か相談してたんだけど、

「お前に務まるわけがない」「SEになるってことは、地元を出るってことだろ。お前に一人暮らしは無理だ!」「ものすごくキツイ仕事だから、お前はすぐ帰ってくる(辞める)」「料理も出来ない人間が、軽々しい口を叩くな」

 

なんて事を怒鳴り散らされて言われて、親の言うままに地元企業に就職したけど、

結局はどんどん自分のやりたい事、したい生き方とズレてしまい、

後悔が残ったままの形になってしまった。

 

その事を親に話しても「そんな事を言った覚えはない。」「人のせいにするな」

と言い返されたんですね。

 

HSP気質の人って「親の言う通りにしないと、人生踏み外す…。」とか、

「親が言うんだから、きっとこれが安全で普通の道なんだろう…」と

思ってしまう人がいるかもだけど、全然そんな事無いです。

 

自分の道は、自分で決めて大丈夫です。

 

これで自分が何を言いたいかというと、

「自分の人生は自分で決めよう!」って事。

大事なのは他者の気持ちや評価では無いんよ。自分自身の心の気持ち。

自分の本心で突き進むことをしたほうが、愛志はいいと思います。

 

親がいる実家では、心のそこから ゆっくり休む ということが出来できなくなる

 

親元ではゆっくり休むことが出来きなくなるよ。

 

親と仲が良くて、その環境に適応出来てるのであれば、

実家でもゆっくり過ごすことが出来るかもしれない。

けど、親が”厳しい人”であったり、”口うるさい人”であった場合は、

ゆっくり実家で休むことが出来ないかもしれないです。

 

HSPの人って、人と何時間も接していると疲れちゃうから、

仕事から帰ってきた時に、一人でゆっくり心休まる時間って、死ぬほど大事なんだよね。

その時に例えば、仕事から帰って、

居間で食事をとってる際に親と常に顔を合わせてる状態とか、

仕事のことについて、将来のことについて…とかいろいろ会話をしてると、余計に疲れちゃうんだよね。

食事が終わって、自分の部屋に行っても、結局はその家の中に親がいるわけだから、

環境が悪いと、親によって家の居心地が悪いって事態になっちゃうわけ。

 

そりゃ家に帰れば、飯も用意されてるし、掃除もされてるし、洗濯もされてて、

一見実家の方が快適に見えるかもしれない。だから体的には疲れはしないかもしれない。

けど愛志は、「心が休まる事」これが最も重要だと思ってる。

HSPの人って心が疲れ切ってる事が多いから、むしろ心を休めてあげないと、

仕事もプライベートも、疲れを引きずったままになっちゃうんだよね。

 

だからこそ、一人暮らしをして、自分一人の空間を手に入れて

「心」がゆっくり休める状態にしてほしいな…と思ってる。

 

自分の持ってる可能性や、やりたい事を親に奪われる可能性がある

 

自分の持ってる可能性や、やりたい事、したい事があった場合、

親の意見によってそれが奪われる可能性がある。

 

例えばあなたが今いる会社だとうまくできなくて苦しいから、転職を考えてるとする。

その会社の仕事が、あなたにとって本心からやりたい事だったとする。

もしかしたら、その道に進めば、よりあなたにとってやりがいのある仕事になるかもしれないし、

より人生楽しく生きていける方向に向くかもしれない。

 

けど、親元だと、転職の際も親に相談しなきゃいけないよね。

その時に「何を言ってるんだ!そんな早く仕事を辞めたら次が無いぞ!」とか、

「普通の人は仕事を10年続けるものだ!」とか言われてしまう可能性があるよね。

 

そうすると、HSPの人すぐ気にしてしまうから、

「こんな考えは普通じゃないんだ…今いる会社で頑張らなきゃ…けど苦しい」

「自分が間違ってるんだな…とりあえず今の仕事続けるか」

って思ってしまったら、これから先も苦しいだけじゃないかな?

 

HSPの人って、どうしても自分に合う職場をみつけずらいから、

何回も転職して、他の仕事にチャレンジすることが多いみたい。

けど、それがしにくいと適職につきにくいし、毎日息が詰まっちゃうよね。

 

仕事以外だってそう。将来の為に「イラストの勉強をしたい」とか「資格をとる勉強をしたい」とか

あったときに、親が厳しかったり、毒親だと「お前には無理だ」と否定されるかもしれない。

 

だからそこ、自立をして、

自分自身が本当にやりたい仕事を探しやすい環境に、身を置いた方が生きやすいと思う。

 

早めに自立しないと、これから先自立しにくくなる

 

これは愛志がまさしくそうだったんだけど、

社会人になってから、7年間も実家で過ごしていると、

「今更親に実家をでて、一人暮らししたい…って伝えにくい‥。」って状況になったりする。

 

HSPの人って細かい事を気にしがちだから、

親相手でも伝えにくいことって出てきてしまうんだよね。

 

いざ、「一人暮らししたい」と伝えたとしても、

「お前には無理だ。」とまた言われたらどうしよう…。とか考えちゃうんだよね。

まして親も年齢を重ねるから、親の事が気になって、実家を出にくくなる場合もあるし、

親自体の性格も年齢を重ねるにつれて、厳しくなる場合もある。

だからこそ、早めに自立してしまった方が良い。年齢が若いうちの方が実家を出やすいから。

 

ぶっちゃけ更に言うと、早めに多少強引にでも出てしまった方が良いんだよ。

仕事決めて、引っ越し先を賃貸会社に行って決めて、あとは契約だけの状態にして事後報告でもいいとblog主は正直思ってる。自分みたいに家出してもいいと思う。

(責任はblog主は取れないけど…自己責任で。)

それくらい親元に留まり続けるのは、正直オススメ出来ないから。

 

ぶっちゃけ若いうちで早く出られれば、自分の可能性をより広げられると思う。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました