HSPの人に向いてない仕事って何?経験談よりいくつか語ります

HSP気質と仕事

愛志自身の経験としては、

接客業や、マルチタスクを要求される仕事

理不尽な事をしてくるとか、いじめが多発してる職場は、あまりHSPは向いてないと思う。

その理由を、自分の経験談を元に、下記に記載していくので、気になる人は見てみてください。

 

HSPにはこんな仕事は向いてない!経験談より語っていくよ!

接客業

 

パソコンショップ店員兼、修理担当 (アルバイト)

愛志は、パソコンの中身をいじったりするのが好きだったので、

パソコンショップの店員兼、修理担当として2年間働いてたんだよね。

 

修理担当の仕事は、目的がはっきりしてて、やりがいもあって楽しかったんだけど、

接客に関しては、本当に苦でしかなかった。

理由としては接客してて、相手の感情の機微が、自分に伝わってきちゃうから。

あと電話でのクレーム対応もきつかった。商品の問い合わせのしてくるお客さんの必要な情報を聞くのが苦しかった。

 

お客さんに、「なにかお探しですか?」と時々声かけしてね。と店長から言われるんだけど、

「そもそもお客さんが望んでないんじゃないか…そんな事する意味があるのか…」

「声かけすることによって、相手を不快な気持ちにさせたらどうしよう…。」

って思ってしまって、声かけ自体が怖かったんだよね。

 

あと地域に1店舗しかないお店だったので、品切れになる商品が結構発生して、

品切れだった際に、お客さんに、

「申し訳ございません、〇〇の商品は品切れでして、入荷時期は〇〇です。」

と伝えるのが本当に苦しかった。

HSP気質特有の、お客さんの感情が読み取れてしまうので、

お客さんが帰られた後、すごく罪悪感に襲われたり、ネガティブな感情が強くなったね。

 

あと、お客さんに「こちらのパソコンを修理することは当店では無理です」

と伝えるのもきつかった。

特にAppleのパソコン(Mac)は修理出来ないので、残念そうに帰るお客さんの姿は、正直見たくなかった。

 

電話でのクレーム対応に関しては、名前や、電話番号、都合のいい時間帯を聞き取るのが苦手だった。

掛けてくるお客さんの温度感が結構高いことが多いんだよね。

「お宅で販売してる〇〇のパソコンが1年で壊れたんだけど、どんな品質管理なの?当然すぐ修理できるよね??」

みたいな感じで温度感が高くて、正直必要な事を伝えて早く電話を切りたい気持ちでいっぱいになるんだよね…。本当にクレームは嫌だった‥。

 

結局この仕事は2年頑張って続けたけど、

社員が責任逃れをするため、理不尽な言われを自分が受けて、辞めてしまった。

 

カメラ屋での接客、証明写真撮影担当(アルバイト)

 

某有名なカメラ屋さんで、接客および、証明写真の撮影担当として働いてた時期があったね。

blogをやってた関係で、カメラにかなり興味があったのが入社のきっかけだったね。

この仕事は2週間くらいで辞めてしまったのかな。

これは接客自体も向いてなかったけど、それ以上に上司の理不尽すぎる人格否定と、証明写真の撮影を全く理解できない事に苦しめられたね。

 

この仕事は上司である女性から、自分がミスした際に、

ものすごく理不尽な怒り方をしてくる人だったんだよね。

最初の1回目ミスしただけで、ミスに対する怒りだけではなく、人格否定までしてくる方でした。

 

しかも店長にものすごく気に入られてるのか、その様子も店長は平然と見てるだけ。

そんな状況にまったく自分が適応できなかったね…。

「怒られるのはわかるけど、なぜ自分自身の中身の人格否定までするのか…。」

「この人に対して、普通に接してただけなのに、何か自分は悪いことを言ってしまったのだろうか?」とかなり落ち込みました。

 

あと証明写真の撮影が絶望的に無理だった。

相手の顔を見るのが苦手なのに、相手に「口角を上げて、顔の力を抜いてください。」

みたいなことを言っても、正直その人の表情が硬いのか柔らかいのか?

全く理解できなかったんだよね。

それにより、出来上がる写真が全くいい物じゃなくて、上司に怒られてたね‥。

 

証明写真の撮影って、誰でも出来るようになれる仕事だったらしいけど、

自分は、撮影してる時にいつも考え込んでしまって、出来なかったね。

おそらく根本的に向いてなかったんだと思う。

 

理不尽な事をしてくる職場、いじめの多い職場

 

法人向け機材の、出張サポート・修理業務 (派遣)

 

会社の車で、近い場所だと30分、遠い場所だと2~3時間かけて、

銀行や、行政機関、その他中小企業などの機材の修理に向かうんだけど、

自分の他に、もう1人くらい助手席に乗せて向かうんだよね。

 

隣に誰かを乗せて、車を走らせるっていうのが、すごく苦手だった‥。

乗せる人全員が自分より年上で、怖い人ばかりだったから、

「車の運転について何か指摘されるんじゃないか…?変な運転してないだろうか?」とか、

「雑談を何かしないと、変な奴だとか、つまらない奴に思われるんじゃなだろうか」とか、

運転しながらも、他人に対して頭をグルグル働かせてたので、

家に帰ったらものすごく疲れ切ってた。ベッドにそのまま飛び込む形になってたと思う。

 

実際、最初に所長を隣に乗せて、練習で30分くらいの場所へ出張サポートに行ったんだけど、

「お前は本当に運転が下手だ」「親もさぞ下手だろう」「軽自動車しか乗れないだろコレなら」

「道路標識理解できてんのか?」「斜線変更も出来ないの?今までどう生活してたの?」

「本当に免許とってから運転してきたの?とてもそうは見えないな…」

とかものすごく色々言われてたので、余計に誰かを隣に乗せて運転するのに恐怖感を覚えてた。

 

あと、何もまだ教えてもらえってない状態で、入社して間もない自分が、

ただ棒立ちしてる状況に耐えられなかったですね…。

しかも他の会社のプロの人が集まる現場で、棒立ちだったので、

「ただ邪魔になってるだけじゃないか…。」とか、

「なんで何も出来ない奴がここにいるんだ…?」と思われてないか怖かった。

 

同じ会社の人は、「わるいけど、今日の仕事は忙しくて全く教えられない…」って言うし、

「何か手伝うことは出来ないですか?」と言うと「手伝わなくていい」と言われるし…。

 

もちろん、自分が出来そうな事は率先して取り組んだ。出来ることは僅かだけど。

でも、場の空気感、他の会社から来た大勢の人の中で、

全く意味無くその場にいる自分、なじめない機材で、何を行ってるのか詳細不明な状況。

あの時は、全てが自分の心を壊していった気がしたね。言葉にするのが難しいくらいに。

 

あとは虐めもあったね…。新人イビリっていうのかな?

社員のなかで一番年長な人に、

あえて自分がわからないように、物事を簡略化して伝えてくる人がいて苦しんだ…。

そして自分が仕事できなかったら陰口を叩いてたり。陰湿な人だった。

 

この仕事は、1か月で精神が持たなくなって、辞めてしまった。

 

マルチタスクを要求される、事務系の仕事

 

橋梁設計会社【CADで図面制作・修正】 (正社員)

 

この仕事は、パソコンのCADソフトを使って、

橋の設計の図面を作成したり、材料や設計の修正をする事務仕事だったね。

最初に入った職場で、1年間くらい働いてたかな。

橋の設計ってすごく細かい計算も要求されるんだよね。

前後の図面の整合性みたいなのも、結構あるので、ミスは許されない仕事だった。

 

 

この仕事でHSP気質的に苦手だったのは、マルチタスクでの仕事だね。

本来、仕事はマルチタスクでこなすべきでは無いんだけど、

凄く激務な職場で、常に忙しい状況だったので、

この仕事はマルチタスクを要求される部分が多かったんだよね。

 

図面側の修正もして、材料の修正も同時にしなきゃいけないし、

その間に電話もかかってくるし、メールも見なきゃいけない。

こうなってくると、HSP気質の深く物事を考える部分で、

すごく仕事の一つ一つが遅くなる。そして効率が悪くなるんだよね。

 

で、「早く仕事をこなさないと、周りや上司の人に迷惑がかかる…」って焦ってしまって、

今度はミスも出てきたりして、

「自分はこの仕事に向いてないんだ…ダメな奴だ…」って自己嫌悪。

そうしてる内に、電話がかかってきて、必要な事を聞き取れず再びミス。

って悪循環に陥ることが多かったんだよね。

 

HSPの人に、マルチタスクが必須な職場は正直向かないと思う。

深く考えて、物事を1つ1つじっくり処理するHSP気質とは相性が悪いと思う。

 

(まとめ)HSPに、接客・マルチタスク・理不尽な人、いじめのある職場は不向きだと思う!

 

お客さんと密に接する機会がある接客業や、

マルチタスクをしなければいけないほど、激務な職場、

上司からの理不尽な仕打ち、いじめが多発してる会社は、

いくら給料やその他待遇が良くても、愛志はまったくオススメしない。

 

HSPの人だと、接客が多いと、

お客さんの感情が読み取れてしまって、疲れ切ってしまうんだよね。

しかも一日何人も相手にするから、いろんな感情に振り回されてしまうと思う。

 

マルチタスクの多い職場は、そもそもHSP気質的に適してないと思う。

深く物事を考えて、じっくりとその仕事を処理するHSPは、

シングルタスクで、仕事をしたほうが、生産性が高いと思うんだよね。

 

あと、上司が理不尽でモラハラ気質な人だったり、

元々からいじめが発生してる会社は、自分が受けてもつらいし、

誰かが、理不尽な仕打ちや、モラハラ、いじめを受けてる光景を見るだけでも、

HSPの人は自分の事のように感じられてしまうので、疲弊しきってしまうとも思う。

 

なので、愛志の経験上としては、

正直、これらの状況の中で働くのは避けたほうが…とは思う。

 

もちろんHSP気質な人全員が、同じ状況にはならないと思うので、

この記事はあくまで参考程度に考えてもらってもOKです。

 

それでは、愛志でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました