HSPは遺伝するものなのか?HSP気質持ちなりに考察してみた

こんばんは、愛志です。

今回は、「HSP気質は遺伝によるものなのか?」をテーマに考察をしてみたいと思います。

 

この話は、ココヨワチャンネルのRyotaさんがStand.fmでお話しされてたのを聞いて、

とても興味深い内容だったので、自分も、考えをお話ししたいな。

と思い、記事を書かせていただいてます。

 

自分はあくまで、HSPカウンセラーやアドバイザーではなく、

一個人のHSPブロガーでしかない為、

詳しい話までは出来かねるし、これに関してのコメントにもお答えできかねる部分はあります。

 

自分が読んできたHSPについて書かれた本にも、なかったテーマなので、

ちょっと難しいお話だと自分は正直感じてます。なので、

上手く書き表せるか、わからないのですが、ご覧いただければ幸いです。

 

HSP気質は遺伝によるものなのか?愛志なりに考察をしてみる

HSPは遺伝するのか?

 

まず自分の家庭のお話をすると、

おそらく、父親、母親共にHSPの可能性はかなり高かったです。

なので、遺伝するのか?と聞かれると、あり得る…かな? とは思います。

 

というのも、父親自体、人混みが苦手であったりとか、

音や臭いに敏感な気質を持っていたと記憶してる。

都会に対してもの凄い敵対心を抱いてるように感じたね。

 

特に0か100のどちらか思考で、他人に対して「敵」か「味方」か、

「損する」か「得する」かで人間関係を選んでる人だったね。

あと、他人にどう思われてるとか、世間体をよく気にする親だった部分や、

社会に出たらこうでなきゃダメだ!というHSP特有の決めつけも結構ありましたね‥。

 

母親の方は、他人の評価をかなり気にしてる感じはあったね‥。

特に、父親や会社に対しては「怒られるのではないか…どうしよう…」

とかなり他人軸な生き方をしているな…というのがうかがえる場面があった。

(実際本人も、自分が親元を出る数か月前、

「あの人はいないともう私は生きられない‥。」と言ってたしね。完全依存状態)

 

なので、カウンセリングやHSP診断など父親母親は受けてないので、

HSPだといえる根拠はないんだけど、

HSP気質の自分から見たら、おそらくHSPだろう。と思えるんだよね。

 

HSPの遺伝率はどの程度なのか?

 

色々ネット上で資料を探してみたけど、遺伝率はちょっとどの程度なのかハッキリはわからなかった。

HSPの名付け親であるエレイン アーロン博士が仰るには、40%程度なのではないか?とのことみたいだね。

(他サイトを確認しても、それ前後だったので、おそらく正しいと思われる)

 

ただ、遺伝で100% HSPかどうか決まるか…?という部分は疑問

 

じゃあ、母親父親がHSPだから、遺伝したから、今のHSP気質があるんだね!

という話かというと、自分はそうは思わないんだよね。

 

HSPって、後天的なものではなく、先天的で生まれ持った気質であるという事がわかってる。

なので、遺伝から来てるものなのでは?というのもわかる。

 

けど、HSP気質の人って、今まで生きてきた生活環境によっても、

そのHSP気質の敏感さや、五感の鋭さ、共感力の高さ、自己肯定感の低さなど

HSPの要素を構成する様々な部分の強弱が異なると思うので、

遺伝だけで100%HSP気質がどの程度なのか‥とかまでは断定できないと思います。

 

父親は人混みは断固無理みたいな人間だったけど、

自分は断固とまでいかない、苦手ではあるけど。

こんな具合に、父親が100でも、愛志は70とかという部分もあるので、

遺伝だけではなく、環境依存も強いのかなというのが愛志の意見です。

 

(Ryotaさんと似たような意見になっちゃいました。もし見られてたらごめんなさい

というか、一個人の素人がこんな記事書いてごめんなさい)

 

というのも、愛志自身が幼少期から、思春期、大人へと成長する中で、HSP気質が強くなった気がする

 

愛志自身、幼少期から、思春期、大人と、成長していくにつれて、

HSPの気質について悩む事が増えて行ったんだよね。

 

小学生の頃は殆ど、HSP気質で悩むことは無かったね。

確かに他の子どもと違って、敏感でよく他人から言われた事を気にしてしまうから、

面白がられて、いじめにもあったことがあるし、

共感力の高さから、相手に迷惑かけたくない思いが強くて、

給食のお替りが出来なかったり、誰かと一緒に給食を食べるのが苦手だったりした。

 

けど、中学生、高校生、専門学校と上がっていくほど、

HSPの気質で悩む、自分の項目が増えて行ったし、生きずらさが増していった。

 

あと親がHSP気質だから、繊細な事で結構怒りをぶつけられたり、

理不尽なことで怒られてしまった経験から、

自分の意見を言えなくなったり、より相手の考えを先読みしたりして、

親の軸(他人軸)でうまく生き延びてきた部分もあるから、そういう経験もあって、

HSP気質がより強まったというのもあるかもしれない。

 

それを考えると、あくまで遺伝により、

HSP気質自体は最初から備わってたものだと思うけど、

育っていった環境下で、よりそのHSP気質が大きく変化していったように思えるんだよね。

 

(個人的なまとめ) HSPかどうかは遺伝子によっても決まるが、HSP気質の強弱は環境依存によるものだと思う。

 

 

まとめると、

HSPは遺伝なのか?と聞かれると、遺伝な部分もあると思う。

けど、HSP気質自体がその後、どのように生活に影響を及ぼしていくかは、

その人の性格と、生活環境次第なのでは?と言った感じだね。

 

かなり難しいテーマだね…なにか詳細な実験結果がどこかにあれば、

もう少し自己流に解釈しなおして、記事として起こしやすいんだけど…。

 

今回はこの辺で終わりです。愛志でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました