HSP気質の自分が、思い出すと辛い過去のことを晒して、過去と決別する記事

HSP気質な自分の自己紹介

こんばんは、愛志です。

 

今回は、この間書いた記事、

HSP気質の人で嫌な過去のことを思い出し、辛い気持ちになる場合、どうすればいいのか?
こんばんは、愛志です。 今回は、HSP気質の人で、 どうしてもつらい過去にあった出来事を思い出してしまい、辛い気持ちになる。 そんな時どうすればいいのか?について語っていこうと思うよ。 これもきっとHSP気質...

「HSP気質の人で嫌な過去のことを思い出し、辛い気持ちになる場合、どうすればいいのか?」

にて、自分の思い出したくない嫌な過去を、一つ晒したんだけど、晒したら意外とスッキリした。

 

だから、この記事で、自分の思い出したくない過去を、可能な限り晒そうかなと思う。

 

 

(一応前回のおさらい) HSPは何故自分の嫌な過去をふとした瞬間に思い出すのか?

 

HSPの人って、辛かった出来事をずっと隠したままにしちゃうことがあるんだよね。

 

というのも、HSP気質の人は、繊細かつ敏感な気質を持ってるので、普通の人に話すことで、

「そんな事で、いつまでもクヨクヨしてるの?」とか、「気が小さい人間だ…」みたいに、

その「辛かった出来事」を相手に話す事で、馬鹿にされてしまうと思うんだよね。

 

相手に話すにしても、自己肯定感が低い人が多いから、

「こんな自分が相手に話しても、迷惑がられるだけだよね…。」とか

「こんな事を話して、相手の貴重な時間を奪うなんて、自分は最低な人間だ」とか、

自分を低く見積もってしまうが故に、

なかなか「辛かったこと」や「恥ずかしかったこと」を相手に見せられないんだよね。

悪く言えばプライドが高く、決めつけ思考が強いってことだね。

 

なので、話す前に色々考えてしまって、その機会さえ無かったりする。

だから、いつまでも過去を自分の心の中に隠したままにして、

吐き出すことが出来ないから、思い出しては自己嫌悪に陥ってしまうんだよね。

 

今回はそんな嫌な過去から決別すべく、遠慮なく、自分の恥ずかしい過去を晒します。

 

愛志が隠してた、思い出すと嫌な気持ちになる、恥ずかしい過去を晒していくよ

 

1つ目、嫌な会社の先輩との勘違い

愛志がまだ実家にいた頃の話だね。

1か月ほどだけだけど、法人向けの機材の主張サポート会社で派遣という形で働いてた。

そこに、派遣イビリをしてくる嫌な先輩がいたんだよね。

年齢おそらく40~50歳くらいだったと思う。自分はその頃25歳くらいかな。

 

その人と一緒にある日、地元の空港のネットワークの機材修理に向かったんだよね。

その人の運転する車で空港に向かったんだけど、

終始無言の状況で、雑談するわけでもなかった。

愛志はこの誰かと一緒に車に乗って「無言」の状況が本当の本当に苦手で、

自分にとっては苦でしかなかったんだよね。

自分から話題を無理やりいつもは出すこともあるんだけど、この日は緊張しすぎで無理だった。

 

空港に着いた頃、丁度お昼で、空港の中のそばやで一緒に食事をとることになったんだけど(会社からの強制で)

食事を誰かと一緒に取るのも苦手だし、その人のことも正直苦手だった事、

無言での食事という嫌な状況が重なって、気がおかしくなりそうだったんだよね。

 

で、相手が食べ終わって席を立った時に、自分のおぼんの上にお金を渡置いたんだよね。

そこで愛志は思い込みが強くて、

(もしかしておごってもらえるのかな?実は優しい人なのか?)と心の中で思って、

「ありがとうございます!!」とか言ってしまったんだよね。

 

そしたら相手から、「お代払っておいて」って言われて、

変な勘違いで、ものすごい恥ずかしい気持ちになった。

要は、自分は(奢ってくれる)と思ったけど、相手は(俺の分のお代はらえや)って状態って事だね。

その後はもう心の中で大大大大大反省会だよね…

「なんで勘違いしたんだろ…ほんと俺バカだ…」「だからいつも人に流されやすいんよ…」とかね。

これが未だにふとした瞬間に思い出すと、恥ずかしい出来ごとの1つ目だね。

この会社は本当に嫌な思い出しかない。

 

2つ目、教わったことを実践しようとしたら、理不尽にキレられた

 

某有名なカメラ屋の店員として働いた時の話。

入社して1週間くらいのことかな。色々教えてもらって、

レジに立ったり、証明写真を撮影できるようになる手前くらいの出来事。

 

店長から、「もしお客さんが、スマホからMicroSDを取り出し、中の写真を専用機で読み込みたい場合で、「取り出せない」と言ってくるなら、会社のピンつかって、取り出してあげていいからね。」

って言われてたんだよね。

 

で、実際そういうお客さんが来て、Micro SDカードをスマホから取り出せなくて、

MicroSDカードスロットのピンを持ってなかったみたい。

だから、代わりに取り出してあげようとしたら、

社員の人から「あんた何やってんの!!!??」って思いっきり怒られた。

 

お客さんが帰ったあと、言われた通りに実践した事を社員に説明しても、

それでも怒りをぶつけてくるんだよね。

店長もその社員の事が気に入ってるのか、「説明したけどやるな」みたいに言ってくるんだよね。

あまりの理不尽さに、あの瞬間「この会社、長く務めるの無理だな…」って思った。

 

今でも思い出すと、怒られた自分も恥ずかしいし、理不尽さに腹が立ちますね。

実際後で知ったけど、その店舗は店員がよく辞めるみたいだね。

というか…HSPに接客業はほんとに向かないと思う。疲弊するだけ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました