HSPという肩書を、意識しすぎるのも逆に良くないと思う2つの理由

HSPとは何なのか?

 

おはようございます。愛志です。

 

HSP気質と向き合うというのは、凄く大事な事だと愛志は思う。

けどHSPという肩書を意識しすぎると、かえって不都合になったり、良くない事もある。

今日はそのHSP気質を意識しすぎるのも良くない理由について語ろうと思う。

 

HSP気質を逆に意識しすぎるのも良くない…? そう思う2つの理由を書いていく

HSP気質であることを意識しすぎると、私生活に影響があることも…。

 

自分はHSP気質なんだ…!と認めるのはすごく大事。

HSP気質である自分の取説である、本と読んだりメディアの情報を漁るのも大事。

そして、HSP気質である自分と向き合い、対処法や解決策を知る。これもすごく大事なんだよね。

最終的には学んだ事をアウトプット(行動)して、生きやすくする。これもすごく大事。

 

けどね、それ以上に大事な物がある。

それはあなた自身の 私生活 なんだよね。

HSP気質を意識しすぎてしまうと、逆に私生活に影響が出て、まともに送れなくなることがある。

 

これはどういう事なのか?それは、

HSP気質を意識しすぎると、今度 「HSP気質」 という肩書の部分が問題点になってるって事なんだよね。

「HSP気質であるから自分は生きにくい…」「HSP気質であるから生まれてずっと不利なんだ…」

と考えるようになると、論点がこの時点でズレてるんだよね。

HSP気質である自分の事を認めて、生活や仕事を楽にする では無くて、

HSP気質である自分の肩書を意識してしまい、生活や仕事を苦にしてる って事。

 

このような思考に陥ると、HSP気質の人は、物事を深く考える癖があるから、

「HSP気質」という肩書の事ばかりを考えてしまって、

夜眠れなくなったり、私生活でより意識しすぎてしまって息苦しくなったり、症状の悪化に繋がることもある。

 

実際愛志もここ最近、HSPという肩書を意識しすぎて、

また夜眠れなくなってたんだよね。ここ最近はベッドに入ったら、比較的すぐに眠れてたのにね。

しかもなぜか眠ろうとすると過呼吸気味に…。

 

もしこのような状況に陥ってるなら、

HSPという肩書の部分だけに意識を行ってないか、自分の心に確認しよう。

もしそうなら、HSPという肩書の事は少し忘れられるようになにか楽しい事に取り組んでみたり、

自分が熱中、集中できる事に取り組んでみよう。

意識をそらすことで、自分の心を元の状態にリペア出来ると思う。

 

愛志自身も、このHSPblogから一度意識を背けて、

昔よくプレイしてたPS2のゲームとか遊んだり(古!)、Youtubeを始めようと思ってたから、

それについての機材について色々調べたりして、気持ちをリフレッシュさせてたね。

 

大事なのは「HSP」という肩書では無くて、あくまでHSPである自分を認めて、

対処法や解決策を学ぶ(自分と向き合う)というだけの事なんだよね。

 

HSPを意識しすぎると、自ら可能性を下げてしまう事も…!?

 

HSPだと意識しすぎて、「HSPは、あれも出来ない‥」「HSPは、これも無理だ‥」と思う事で、

かえって自分自ら可能性を下げてしまう事もある。

 

自分はHSPだ = HSPであるから、生活や仕事での気質の対処法を知る。

これはすごく大事な事ではあるんだけど、

「HSPだから〇〇することはダメ」 「HSPだから〇〇するのは良くない」

「HSPだから〇〇しなきゃいけないんだ!」 「HSPだから〇〇を改善するべきなんだ!」

「〇〇すべき」という思考に囚われすぎるのも、実は良くないと愛志は最近感じた。

 

HSPであることを理由にし過ぎてしまうと今度何が起こるか?

それは、行動範囲が狭くなったり、視野が狭まるんだよね。

 

「あの仕事やってみたい、けど私はHSPだから…。」

「学んでいきたい、取り組んでいきたい物事に出会えた。けど自分はHSPだから…。」

と「HSP」ということを理由に、あなたの将来につながる可能性を潰してる可能性もある。

 

あくまでHSP気質の人は、HSP気質と向き合い、対処法を知る これが大事な訳であって、

何も意識高い系になれ っていうわけでは無いんだよね。

どうか自分のように、肝になる部分を見失うのは辞めてほしい。息苦しくなる。

 

(まとめ) 大事なのは「HSP」と向き合う事。意識すべきは「HSP」という肩書では無い。

 

大事なのは、HSPという「肩書」の部分ではない。

大事なのは、HSPと向き合っていくこと。そして正しい対処法や解決策を知ること。

そして人生を生きやすい方向へ持っていけるように、アウトプットを意識する。

 

どうしても、HSP気質についてあれこれ学んでいくと、

HSP気質という「自分の肩書」に目が行きがちになることがあると思う。

 

けど、肩書を大事にしたり責めても、あなたの人生 何も変わりはしないよ。

肩書ばかり意識しすぎても、無駄に思考がグルグルするだけで眠れなくなったり、

自分の心を痛めつけるだけになる可能性が高い。

 

HSPはあくまで「繊細で敏感な気質」の人達を識別する「型」でしかない。「型」を意識するのが大事な点ではない。

その「型」と向き合って、自分を認め、改善に努めていく事が本来意識すべき点である。

 

短いけど今回はこのくらいにしておくね。自分も意識しすぎると疲れるから(;’∀’)

愛志でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました